Blog記事一覧 > スタッフブログ > お花見で楽しく酔う

お花見で楽しく酔う

2016.04.08 | Category: スタッフブログ

最近、日ごとに暖かさが感じられてお花見の時期が近づいてきているように思えます。

お花見といえばきれいな桜の下でお花見料理を楽しみながら会話、レクリエーションを楽しむことが一般的に多い形式です。

また、お花見では飲酒により、多くの酔っ払いが出来上がり、会の収集がつかなくなってしまいがちです。

この「酔っぱらう」ということは人体的にどういうものなのかを調べてみると、お酒を飲んで吸収されたアルコールが血液によって脳にまわり、脳が麻痺するということです。

そして酔いの状態はアルコール血中濃度によって6段階に分けられます。

それは『爽快期』、『ほろ酔い期』、『酩酊初期』、『酩酊期』、『泥酔期』、『昏睡期』の6段階です。

お酒を楽しめる酔いの状態は『ほろ酔い期』までで、その状態は大脳の働きが抑えられることで本能や感情をつかさどっている部分の働きが活発になり、解放感を感じたり、陽気になったりします。

『酩酊初期』、『酩酊期』では知覚や運動能力が鈍り、同じ話を繰り返したり千鳥足になったりします。

『昏睡期』では麻痺は脳全体に広がり、呼吸困難に陥って最悪、死にいたる可能性があります。

なお、酔いの状態の進み方には個人差があり、自分の進み方を知っておくのが大事です。

お酒は楽しく飲みましょう。

当院へのアクセス情報

所在地〒981-0112 宮城県宮城郡利府町利府字新屋田前22 イオンモール利府店2F
駐車場イオンモールの大型駐車場をご利用ください
予約予約優先制となっております
電話番号022-356-5116
休診日休診日なし